博才がない人の特徴について

⒈博才がない人の特徴

博才がない人は世の中にたくさんいる感じがします。
例えば、1つの仕事をするにしても才能の有無によって大きく結果が左右する事は珍しくありません。

同じ仕事内容でも、ある人に行わせれば30分でできるものが他の人つまり才能がない人が行えば1時間以上かかることも少なくないわけです。
それでいながら、貰っている給料が同じだとすればどこかに大きな欠陥があると言わざるを得ないでしょう。

特に、バイトレベルに関しては時給換算されますので仕事量が2倍でもほとんど時給が同じか100円程度しか変わらないことも少なくないです。
博才がない人の特徴の1つとしては、自分自身の意識が足らないことが考えられます。

つまり、毎日ただ寝て仕事をして遊んで暮らしているだけでそれ以上成長がない人に多い傾向が見受けられるわけです。
このような人は、そのまま成長し続けても何も変わらず能力自体も高くなる事はありません。
もちろん少し位は高くなるかもしれませんが、ほとんど成長したと言えないレベルのものができあがるでしょう。

⒉自分自身の意識の問題

このように考えると、自分自身の意識の問題と判断されることがわかります。
よく、自分には才能がないので仕方がないと考える人もいます。

確かに、1人の人間が全てにおいて才能を発揮する様な事はまずありません。
ですが残念ながら、人間にはいくつかの才能がありそれを発見しないまま一生を終えていく人が多いわけです。

もし、自分の才能を発見したいと思えば自分の世界の外を見ることが必要です。
ではどのように外を見たら良いかと言えば、1つは本を読むことです。

本を読むといっても、小説などを読んでいてもあまり意味がありません。
小説自体の価値はあるかもしれませんが、自分を変えるといった面においてはほとんど価値がないと言えるでしょう。
それよりも、自分自身の才能に気がつく本を読むことが必要です。

⒊成功哲学や自己啓発を学ぶ

その1つが、成功哲学になるでしょう。
成功哲学は、今まで自分が考えたことがないような内容が掲載されていますので、これを読むだけでもかなり能力が高まる可能性があります。

もう一つは、自己啓発書を読むことでしょう。
実は成功哲学も自己啓発の中に含まれていますが、これを自分自身で考えて実行することが重要です。

もちろん1冊読んだ程度ではあまり意味がありません。
なぜなら、その知識を知恵に変えるためには複数の角度から物事を見なければならないからです。

よく、1冊の本を読んで線を引きますがそれからしばらく別の方を何10冊も読み再び1冊目の本を読んだとき線を引いてある箇所が変わってくることに気がつくはずです。

様々な知識を入れた後は、1つの物の見方でも別の角度から見ることができるわけです。
本当に頭の良い人はそのように様々な角度から見る事をよく学んでいます。

⒋自分より優秀な人と出会っていくことが大事

本以外では、自分より優秀な人と出会っていくことが大事です。
特に、自分の目標があるならば、その目標を達成している人の周りに集まることが重要です。

ただしそのような人は自分自身を相手にしてくれない可能性が高くなりますので、まずはお金を払ってその人のセミナーなどに参加してみましょう。
もし、セミナー等を行っていない人は弟子入りするのも1つの方法です。
ここまで具体的な行動ができるとすればその人はすでに凡人ではありません。

このように、重要な事はまず自分の殻から抜け出すことです。
自分には才能があることを信じて様々な知識を身に付けていくことが重要です。

それに加えて、実際に様々な経験をすることも重要になってくるでしょう。
これを繰り返し行っているうちにいつの間にかあなたは才能があると言われるようになります。
時間はかかりますが、1番着実な方法と言えるものです。